Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー予想

【東京10R:GⅠ日本ダービー】

今年はNHKマイルC優勝馬の回避を除けば、有力馬が大きな
アクシデントもなく、世代のNo.1を決めるのにふさわしい
ダービーとなった。

過去10年の傾向から考察すると、ダービーの最も重要な前哨戦
である皐月賞に出走していた馬が絡まなかったケースは皆無。
従って、素直に皐月賞組の仕分けから予想に入るのが定石。


●皐月賞組の考察

前哨戦が軒並み雨馬場で予想が困難だった皐月賞は、本番も前日
まで雨が降って荒れ馬場での開催。
それでも蓋を開けてみれば2・3・4番人気での決着。
単純な印象としては、他馬が避ける荒れた内を突き抜けてきた
ゴールドシップと、大外をぶん回しながら同馬を追い詰めた
ワールドエースは、両馬とも走りにくい馬場を追い込んで、
なおかつ3着以下を突き放したのだから、世代屈指の実力だと
認めざるをえない。

・優勝:ゴールドシップ
 今をときめくステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合。
 共同通信杯から皐月賞への直行で結果を残した例は少ないが、
展開も馬場も関係なく能力を発揮できたのは一流馬の証。
 長い脚を使えるので東京コースは条件もさらに好転し、調教
でも一週前追い切りで栗東坂路の一番時計を出して死角はない。

・2着:ワールドエース
 スタート後につまずくアクシデントで定位置の後方から。
 それでも大外から勝ち馬に迫った豪脚は秀逸。
 過去にも皐月賞で同じように脚を余して敗れながらも、本番で
逆転したジャングルポケットやタニノギムレットみたいなケース
もあるので、本番での巻き返しを妄想された一番人気なのは納得
がいくが、スタートが遅く、直線でしか競馬ができないタイプで
先行有利の馬場ではオッズほどの信頼は欠く印象。
 
・3着:ディープブリランテ
 この中間、騎乗停止中だったヒマ人岩猿が、付きっきりで
折り合いを付ける特訓を施したようだが、皐月の前ですら距離
への不安が囁かれたほどの行きたがる気性が、この短期間で、
しかも更に距離が延びるここで結果を出すのは至難の業。
 気性面を除けば距離が延びても能力的に通用する器なので、
切ることはできないが中心にも推せないタイプ。

・4着:コスモオオゾラ
 戦績的には明らかに荒れ馬場専門。
 先行有利の今の馬場では怖い存在だが、時計勝負に向いている
とは到底思えない。
 共同通信杯でもゴールドシップとディープブリランテに完敗
しており、逆転はおろか善戦の映像も見えない。

・5着:グランデッツァ
 先行力と安定感と勝負強い鞍上で、自信を持って本命に推した
皐月賞で予想外の凡走。
 結果的に大外枠が響いた格好だが、不利がありながら更に外を
まくって勝ち馬に迫ったワールドエースとの能力差を感じた。
 距離が伸びて好転するタイプには思えない上にまたも外枠。
 オルフェの逸走以来、流れが悪い鞍上も買いたくない一因。

・9着:モンストール
 今年に入ってからは惨敗続きで、能力というよりも距離が原因。
 皐月後にNHKマイルCを選んだローテも、血統的にも、条件
が好転するとはとても思えないので参加賞まで。
 
・12着:トリップ
 良馬場・スローペースの瞬発力勝負が向く印象で、レースが
上手なタイプなので、このメンバーと今の馬場ならある程度の
巻き返しは望める。
 二桁着順から馬券に絡んだ例もあるので、当日の気配次第では
ヒモ穴に一考。

・17着:ゼロス
 ワールドエースに勝った実績はあるが、あくまで展開と馬場の
利があってのもので、一線級相手で距離が延びるここでは不要。


結論的には、上位2頭を東京2400mで逆転するのは困難だが、
1・2着馬は共に最後方からの競馬で、あの荒れ馬場をゼロスが
玉砕的に逃げた展開面での恩恵があったという側面で考えれば、
過去の皐月賞を紐解いても、ある意味では特殊な結果だったとも
いえる。

今季の東京芝コースは例年と比べてもけっこうな高速馬場であり、
先日のオークスも日本レコードでの決着だった。
しかも今週からCコースに変更され、天気も崩れる気配はない
ことから、スローになりやすい東京2400mで、両馬が皐月賞
と同じ競馬をすると脚を余すケースは十分に考えられる。

ゴールドシップに限れば、共同通信杯のようにある程度前目の
位置を取れるという条件付きで本命は揺るがないが、いずれに
しても皐月以外から参戦する馬に希望は十分にある。


●青葉賞組の考察

過去のダービーで、青葉賞から参戦した馬は2着までが最高成績。
ここ10年でも2着4回と3着が1回あって、買う馬券の種類に
よっては頼もしいデータだが、ここで敗れた馬の巻き返しは皆無。

・優勝:フェノーメノ
 先に抜け出した2着馬に並びかけて競り落とし、更に突き放す
内容は、過去の同レースの勝ち馬に引けはとらない。
 東京コースも3戦3勝で、調教の動きも大物感を感じさせるし、
結果的に出走が叶いそうだった皐月をパスした事で余力も十分。
好走の下地はあるが、個人的に蛯名がダービージョッキーになる
事だけは、暗殺を企ててでも阻止したい。
 ちなみに関東馬の勝利はここ10年でたったの一度だけ。
 頑張れ!このデータ!!

・2着:エタンダール
 青葉賞で負けただけで買う気は失せるが、調教の動きは他馬と
比べても上位に映った。
 コイウタ、マイネルキッツ、先週のオークスもそうだった様に
GⅠでノーマークの松岡は本当に怖い。
 3連複を買うなら、データ無視でヒモに加えたい。


●NHKマイルC組の考察

・2着:アルフレード
 今季冴えない2歳王者もマイルで良馬場に戻ればやっぱり強い。
 鞍上は魅力的だが、一気の距離延長と大外枠がネック。
 能力的には遜色ないが適性で見劣る印象でヒモまで。
 
・3着:クラレント
 こちらもマイル以上では実績がない。
 母と兄弟の距離適性からして強調できる要素はない。

・6着:ジャスタウェイ
 こちらマイル以上の実績皆無できさらぎ賞ではワールドエース
に完敗。
 直線に賭ける競馬でどこまで詰められるか・・のレベル。

・10着:ブライトライン
 中距離で結果が出ず、時計の掛かる1400mで重賞を勝った
あたり、ダービーは参加するだけの駒。

・16着:モンストール
 血統・戦績はもちろん鞍上からして全然要らない。


●京都新聞杯組の考察

・優勝:トーセンホマレボシ
 ここをステップにダービーで好走した例は青葉賞より少ないが、
掲示板までは結構来ている。
 先行押し切りでレコード勝ちは評価できるが、今年の京都は
東京と同じくらい時計が速すぎる馬場なので鵜呑みにはできない。
 ウィリアム込みで穴人気になっているが、土曜のOPすら
勝てなかったヤマニンファラオに2敗していることから、単に
負かした相手が弱かったとの見方も出来る。
 ただ、高速馬場・Cコース・先行力・展開を考えると消せない。

・2着:ベールドインパクト
 青葉賞同様にここで負けた馬は本番では用が無い。
 馬場が合わなかった皐月を度外視しても、きさらぎ賞では前述
ワールドエースに完敗。
 ローテーション的にも上積みは疑問で、善戦しても掲示板まで。


●その他組の考察

・プリンシパルS優勝:スピルバーグ
 ここでも上位人気に推される実力馬相手に善戦した実績は評価
できるが、同レースと本番の相性は良いとは言えない。
 悲願の牡馬クラシックを狙う藤沢さんが、意外なほどに自信を
のぞかせるのが不気味で、ある程度前目での競馬もできる同馬の
この枠も、人気を気にしなくていい横山典も怖い。

・毎日杯優勝:ヒストリカル
 新馬勝ち以降全戦で上がり一位で決め手は世代屈指。
 毎日杯快勝後に皐月をパスしてダービーに照準を絞ったローテ
は一見好感が持てるが、馬体の減りを考慮したとの情報もある。
 これもワールドエース同様に直線一気のタイプなので、団子
からのヨーイドンなら怖い存在だが、とうとう歳を感じさせる
ようになったアンカス騎乗はプラスとは思えない。



【結論】
◎ゴールドシップ
○フェノーメノ
▲トーセンホマレボシ
△ワールドエース
△ディープブリランテ
△ヒストリカル
穴スピルバーグ


【買い目】
・馬単1着流し
 6-1・2・8・10・11・14=6点

・3連複フォーメーション
 6-1・11・14-1・2・8・10・11・14=12点
 6-11・14-1・2・8・10・11・14=9点




スポンサーサイト

日曜競馬予想

先週に引き続き、今週も時間が無くてお金も無い(T_T)

なので予想も簡潔に。


【東京11R:GⅠ NHKマイルC】

 ただでさえ相性が悪いのに、今年はクラシック経由の馬が少なく
大混戦の様相。
 勝負は新潟の重賞とWIN5にしてここは予想のみ。
 買うならようやく良馬場で走れる◎11マイネルロブストの単複。


【新潟11R:GⅢ新潟大賞典】
 中距離で平坦コースでこの相手なら◎7トーセンラーは格が違う。
 開幕週を考慮して、相手は先行馬の○14アグネスワルツと
▲11メイショウウズシオに馬単で流す。


【WIN5】
 ・京都10R:11・12(4)
 ・東京10R:6・11(10)
 ・新潟11R:7
 ・京都11R:1・9(7・6)
 ・東京11R:11・5・14・17(9)
 

日曜日の予想

【阪神11R:GⅡマイラーズC】

●攻略のポイント
 ・マイル実績
  GⅠ勝ちのあるリアルインパクト、エイシンアポロン、
 グランプリボスの3頭は確実能力上位で、58kgの斤量も
 阪神開催での過去10年でみれば減点材料にはならない。
  2着が2回あるフィフスペトルも2kgの差は大きく、休養
 明けのエイシンや京都が鬼門のグランプリは逆転可能。

  他では、マイルCS2着のダノンヨーヨー、同条件のGⅢ
 勝ちのあるレッドデイビスとシルポート、近走は冴えないが
 リアルインパクトやコスモセンサーも流れ一つで好戦必至。

 
 ・馬場適性
  例年の阪神から京都に変わり、天気は崩れておそらく重。
  
  重馬場巧者といえばエイシンアポロンが最上位。
  やや重~不良で8戦4勝2着2回で、敗れた2戦は皐月賞と
 天皇賞(秋)だが、距離適性を考えれば言い訳は利く。

  渋馬場と京都に実績のあるシルポートとダノンヨーヨーも
 同様にこの条件はプラスに働く。

  他では、京都1800mで重賞を勝ち、近走は長めの距離を
 使われていたが、前走のマイルでしっかり適性をアピールした
 トーセンレーヴ。
  長めの距離でも大きく負けていないあたり、雨が降ってやや
 時計の掛かるマイルが合わないわけがない。

  重と不良で連勝中のドリームバスケットも無視できないが、
 これまでの相手関係からこの連勝だけで上位にはできない。


 ・騎手
  京都外回りで好成績なのは、岩田・武・アンカツがトップ3。
  他で気になるのは、単勝回収率の高い和田とクニキョー。

  マイル重賞のカテゴリで見れば、上記の他では小牧の勝率と
 イケポンの連対率は捨て難い。


●結論
 雨馬場・京都マイルとくれば昨年のマイルCSと同条件。
 とくれば、上位の馬をそのまま信用できるが、休み明けで斤量
を背負わされるエイシンよりも、2kg有利なフィフスペトルが
逆転可能とみる。
 京都は(0・1・0・2)とイマイチな気はするが、2回の
敗戦は休み明けとGⅠで、共に着差は0.5秒差と僅かだった。
 前走は無抵抗に負けたが、調教の動きからは叩いて一変した
印象で、マイルは一昨年のマイルCSを除けば全て掲示板。
 GⅠと不良馬場の前走を除けば、全ての敗戦も0.5差以内と
安定感はこのメンバーではNo.1と言える。

 対抗候補はGⅠ実績を素直に信用。
 雨が降り続いて重馬場ならエイシンアポロン。
 雨が降ったわりに時計がある程度速ければリアルインパクト。

 ヒモには、展開有利のシルポート、重賞でも全く壁を感じない
ダノンシャーク、実績のわりに人気が美味しいダノンヨーヨー、
ダートGⅠ惨敗で人気が落ちすぎのグランプリボス、この4頭は
馬場の状態がどっちに転んでも必ず買う予定。

 以下、初B着用のキングストリート、逃げ馬の2番手追走で
展開有利のコスモセンサー、渋馬場で浮上のトウショウフリーク、
この舞台が向きそうなトーセンレーヴ、素質的には勝っても全然
おかしくないレッドデイビスの5頭は、パドックと馬場状況を
見極めてヒモに加える。

 現時点では重馬場まで渋ると予想。

 ◎11フィフスペトル
 〇16エイシンアポロン
 ▲17シルポート
 △14リアルインパクト
 △3ダノンシャーク
 △18グランプリボス
 △15ダノンヨーヨー
 穴5トウショウフリーク


<買い目>
 ・単勝 11

 ・ワイド流し
  11-16・17

 ・3連複フォーメーション
  11-5・16・17-3・5・14・15・16・17・18=15点
  11-16・17-3・5・14・16・17=7点
  



【WIN5】
 京都10R:4(15・10)
 東京10R:12・5(1・2・11)
 福島11R:5(13・4)
 京都11R:11・16・17
 東京11R:6・4・10・17(18・14)

 以上24点
 全部買うなら810点

皐月賞とWIN5

 
 
 師匠とは名ばかりの社長は仕事が減って金欠、duca会長
はフリーになってから忙しく、O専務は(噂によると)謎の
奇病で退院後も音信不通、S秘書は創作活動でギャンブルは
しばし自重・・・

 以前は毎週2人以上は必ず集まっていた我が社のメンバーも、
最近ではほとんど一緒に競馬をすることができなくなりました。

 こういう状況になってみると、一番後から入社した秘書の
「あげまん説」は本当だったのではないかと思ってしまいます。

 時が過ぎればそれぞれを取り巻く環境も変わるのは仕方のない
事ですが、いつかまた皆で適当に集まって、各自が勝手な持論を
つぶやきながら楽しく競馬ができたらいいですねぇ。


 皐月賞といえば、秘書と会長と3人で中山の指定席に出陣し、
パドックで見つけた15番人気のシェーンバルト(4着)から
勝負して、秘書と共に撃沈した傷は未だ癒えず。

 牡牝3歳クラシック6冠の中でも一番相性の悪い皐月賞。
 当たった記憶が思い出せないのか、もしかしたら当たった事が
そもそも無いのか・・・
 
 という訳で、まともに考えても当たらないのなら、そしてただ
でさえ紛れのある上に雨で荒れた芝コースなら、当然のように
穴から狙いたいと思います。


【中山11R:GⅠ皐月賞】

●各馬の短表 (調教採点:★5段階)

1.モンストール (★★★)
 昨夏の新潟での新馬~GⅢの連勝の内容は良かったが、ノドの
手術を挟んだとはいえ、このメンバー相手では荷が重い。
 今日の雨で悪化した馬場もこの馬にはマイナス。

2.アダムスピーク (★★★)
 好メンバーが揃った出世レースのラジオNIKKEI賞で、
スローペースとはいえ好位でしっかり折り合って上がり1位で
抜け出す完璧な競馬。
 他の有力馬が折り合いや小回りコースに不安を残す中、同馬の
器用さは皐月賞というレースの性格上、重視すべき能力である。
 ただ、弥生賞を1番人気で負けた馬の皐月賞での巻き返しは
近年例が無く(2・3着はある)、大きな不安を抱える。

3.トリップ (★★★★)
 暮れのラジオNIKKEI賞では、淡白な競馬で1番人気を
裏切ったが、弥生賞では先行してしぶとく伸びて巻き返した。
 大跳びのフットワークの割りに内目を器用に折り合えたのは
収穫で、クロフネ産駒でこういった馬場も向きそう。
 ただし潜在能力は認めても、敗戦の内容からは完成度でやや
遅れをとっているように感じる。

4.メイショウカドマツ (★★)
 2走前で単騎で行ければしぶといのは証明したが、理想的な
流れの前走であっけなく差されたあたり、GⅠでは力不足。

5.アーデント (★★★★)
 重賞実績が地味なために伏兵の域は出ないが、不良馬場で勝利
した事と年明けから中山芝2000mに照準を絞っているローテ
に好感が持てる。
 母が欧州血統なのでタフな馬場も合いそうだが、反面GⅠでは
決め手で劣るのは否めない。

6.ディープブリランテ (★★★★★)
 昨秋の東スポ杯で見せた決め手は間違いなく世代トップクラス
だが、折り合いに難を残したまま本番を迎えたのは不安。
 若いうちは能力で誤魔化せても、3歳春あたりからレースの
巧拙も重要な要素となる。
 個人的には、ダービーで2着後すろも古馬になって「暴走族」
と化したリーチザクラウンと印象がダブる。

7.ベールドインパクト (★★★)
 緒戦から3戦連続の出遅れ、前走では直線でヨレたりと、現時
点では若さが目立つ内容だが、未勝利を勝ち上がってすぐのGⅢ
でそれなりの結果を残したあたりはさすがディープ産駒の有力馬。
 能力全開なら馬券圏内も十分に有り得ると思う。

8.サトノギャラント (★★★★)
 昨年の4戦中、敗れた2戦の勝ち馬は実力馬であり、休み明け
の重馬場で行われたスプリングSでは出遅れながら上がり1位で
4着と、人気ほど悪い内容ではない。
 前哨戦で中位~下位人気で敗戦して本番で激走したケースは、
下記のとおり過去10年の間にも多数例がある。
'02 8番人気/2着 タイガーカフェ 弥生賞で7番人気/3着
'04 10番人気/優勝 ダイワメジャー スプリングSで11番人気/3着
'07 15番人気/2着 サンツェッペリン スプリングSで4番人気/8着
'08 7番人気/優勝 キャプテントゥーレ 弥生賞で5番人気/4着
6番人気/2着 タケミカヅチ 弥生賞で7番人気/3着
 どの馬も当然のように本番では伏兵視されていたので、当然
この馬にも食指が動く。

9.ワールドエース (★★★★)
 超スローの展開でも楽々と差しきる決め手は大物感たっぷり。
 恐らく今年も東京での皐月賞だったら、個人的にこの馬の頭は
鉄板扱いだったと思うが、ここは紛れの多い中山2000m。
 過去にもジャングルポケットやタニノギムレットなど、強烈な
決め手を発揮しながらも届かなかった人気馬を何度も観た。
 唯一の敗戦が重馬場で逃げ馬を差しきれなかったのも不安。
 勝って当たり前の器だが、皐月賞の性格から判断して▲まで。

10.スノードン (★★★)
 いくら紛れがあるコースでもこの馬まではお金が届かない。

11.マイネルロブスト (★★★★★)
 重馬場は全く走れないため、人気の落ちる皐月で勝負!!
 とか思ってたのに、土曜の雨で本命からヒモに降格。
 重馬場の2戦以外は人気以上にハイレベルで、このメンバーが
相手でも十分に通用する能力はある。
 JRAの姑息な「ニセ良馬場」ではなく、本当の良馬場まで
回復するなら上位の評価。

12.フジマサエンペラー (★★)
 馬場悪化でスタミナを要する流れならヒモ穴に考えていた一頭。
 ただ、調教の動きにはGⅠで戦えるほどの力強さが感じられ
なかったので、馬券のシェイプアップのために切り捨てる。

13.シルバーウェイブ (★★)
 不良馬場で2戦2勝と、まさしく今年の荒れ馬場を味方に浮上
しそうな内容だが、パドックでめっちゃ良く見えてヒモまで。

14.ゴールドシップ (★★★)
 世代の能力差を推し量るのに鍵となるレースで、出遅れながら
も安定して善戦してきた事は評価に値するが、共同通信杯から
直行というローテでは過去にも失敗例が後を絶たない。
 現時点ではまだコーナー4つの小回りよりも広いコースの方が
安心できるので、人気の割りにリスクが多いと判断。

15.コスモオオゾラ (★★★★★)
 レース内容・血統から雨が降った馬場は得意の部類。
 鞍上のダイチくんいわく、「何かが突出しているわけではない」
が、操作性と先行力は皐月では大きな武器となる。
 土曜にJGⅠを勝ってはいるものの、平地GⅠでの騎乗実績に
乏しい点が唯一の気がかり。

16.ゼロス (★★★)
 荒れ馬場・逃げ馬・川田騎乗とくれば4年前に勝利した
キャプテントゥーレと丸カブり。
 展開と馬場に恵まれたとはいえ、ワールドエースに唯一土を
つけたように単騎で逃げれば怖い存在ではあるが、同型との
兼ね合いが微妙なメンバー構成で、馬場も考慮して早めに先頭に
並びたい先行有力馬も数頭いるので苦戦は必至。

17.ロジメジャー (★★★)
 新馬勝ち後の京成杯はさすがに荷が重かったが、2走前に惜敗
した馬はその後桜花賞で5着、前走でもきっちり優先出走権を
獲得して底はまだ見せていない。
 人気薄でお手馬でもない、気楽に乗れるアンカツの一発勝負は
怖いが、上位に挙げるほどのインパクトは無い。

18.グランデッツァ (★★★★)
 前走でようやく華の無い秋山が降りてくれたので、皐月賞では
この馬から勝負するつもりだったのに大外枠で意気消沈気味。
 コスモバルクのように、過去にも大外枠から馬券に絡んだ馬は
いるものの、距離適性・馬場適性・レース内容・鞍上から、不安
要素が皆無だっただけに一抹の不安。
 第2の師匠である馬?郎のY氏が絶対の自信をちらつかせる時
はけっこう来ない事が多いのも更にもうひとつ不安。
 にしても華の無い秋山君、グランデッツァにゴールドシップと、
世代を代表する馬に新馬から乗せてもらっておいて、本番前に
両方乗り代わりとは...なんて恥ずかしいヤツ(^-^;)


●結論
 サトノギャラントの短評で記したとおり、トライアルで中位~
下位人気で敗戦し、本番でさらに伏兵視されて馬券に絡んだ馬は
過去にも多数出現。
 そしてそのほとんどが関東馬である。
 今年のメンバーでその傾向に合致するのは、モンストール、
アーデント、サトノギャラント、マイネルロブスト、フジマサ
エンペラー、ロジメジャーの6頭。
 
 モンストールとフジマサは着差、マイネルは今日の馬場状態、
ロジメジャーは戦績(過去10年で1勝馬は'05シックスセンス
の2着があるのみ)で、勝負するには心許ない。

 残ったサトノとアーデントはどちらも甲乙付け難いので、総合
的に複勝圏が元も堅いと思うグランデッツァを本命にし、この2
頭を中軸にして高配当を狙う。

 ◎18グランデッツァ
 ○8サトノギャラント
 ▲5アーデント
 △9ワールドエース
 △2アダムスピーク
 △3トリップ
 △15コスモオオゾラ
 △7ベールドインパクト
 △11マイネルロブスト
 
 
<買い目>
 ・3連複フォーメーション
  18-5・8-2・3・5・7・8・9・11・15=13点
  


【WIN5】
 ・阪神10R:5,11(1,14)
 ・中山10R:16,11(9,10)
 ・福島11R:8,2(4,12,11)
 ・阪神11R:9,12,7(10,8)
 ・中山11R:18,9

 以上48点
 全て買うなら800点


 



日曜競馬予想

【阪神11R:GⅠ桜花賞】

 今年は週末の雨が多く、良馬場発表だったチューリップ賞と
フィリーズレビューも、相変わらず売り上げ重視のJRAによる
ニセの「良馬場」。
前哨戦が重馬場で本番が良馬場の場合、過去のデータも馬柱の
数字も全く当てにならない。

 さらには最重要トライアルであるチューリップ賞で、圧倒的1番
人気に推された2歳女王がまさかの凡走、鮮やかに勝った馬が直前
でリタイアと、波乱の予感も十分。
 
 前哨戦の全てを関東馬が制し、桜戦線の関西馬優勢説は今では
昔の話。
 勢いは確実に関東にある。


●各馬の短評 (調教評価:5段階)

 1.ダームドゥラック (★★)
   新馬→OP連勝でも、好走は2歳時の函館のみ。
   成長力・調教の動きからも買い目全く無し。

 2.エピセアローム (★★★)
   スタート・折合いに難がある同馬に、近2走の外枠は不利。
   ようやく願っていた内枠を引き、1200mでも勝ち負け
  できるスピードがあれば、好位追走で自然に壁も作れる。
   能力的にも見劣りするレベルではなく主力扱い。

 3.オメガハートランド (★★)
   前走の勝ち方は鮮やかだったが、重馬場でもあり過信禁物。
   騎手も大嫌いな石橋臭だし、近年は関東馬が巻き返していて
  も、関東の若手~中堅が桜花賞で馬券に絡むのは稀なこと。

 4.サンシャイン (★★★★)
   新馬を1番人気で制し、2戦目で牡馬と混合重賞で惨敗も
  出遅れて上がり1位、前走ではスケールを感じさせる走りで
  きっちり勝ち上がった。
   姉に阪神の重賞で好走歴のあるワンカラットで、エルフィン
  Sからの直行は昨年のマルセリーナと同じローテーション。
   勝負強い鞍上への期待込みでヒモ穴。

 5.パララサルー (★★★)
   3連勝の内容はどれもワンサイドの圧勝。
   相手関係がどうかも、関東馬の中では最大の惑星・・・
   とみていたが、直前の追い切りが軽めなのは少々不満。

 6.エイシンキンチェム (★★★)
   ここ数戦の内容からGⅠで買える要素は見当たらない。

 7.メイショウスザンナ (★★★★)
   ダート2戦と馬具のトラブルで惨敗した4戦目以外は安定し
  ており、1800mでも勝っている点は強み。
   現時点ではGⅠで勝ち負けできるほどのパンチ力に欠けるが、
  フラワーC組は桜花賞ではなかなかの連対率。

 8.マイネエポナ (★★★)
   6番人気で未勝利を勝ち上がり、近2戦では二桁人気をはね
  返して共に2着に好走と意外性ではメンバー随一。
   ただ未勝利脱出までに4戦を要したように、GⅠでは能力的
  に買い材料が乏しい。

 9.イチオクノホシ (★★★★★)
   調教の動きは素晴らしく、鞍上:田辺が福島出身で福島再開
  週に最もふさわしい気がするが、どちらかというと切れ味で
  勝負するタイプで、今の荒れ馬場では割引が必要かも。
   大崩れは無いだろうが、頭までは想像しにくい。

 10.ジェンティルドンナ (★★★★★)
   未勝利勝ち後すぐに牡馬混合重賞を制したが、負かした上位
  馬のその後が散々で、字面を鵜呑みにはできない。
   前走は中間に熱発したことから、掲示板を確保したのは評価
  できるが、全姉ドナウブルーは直線が平坦のコースでのみ好走。
   主力扱いをするには抵抗がある。

 11.アイムユアーズ (★★★★)
   期待を裏切って負けた2歳女王と比べても、同馬の戦跡は
  桜花賞で1番人気に推されるだけの資質がある。
   ただ、1600mよりも1400mの方が向いている印象で、
  近走もうまく立ち回っての好走。
   レースの巧さを含めた完成度では他馬を大きくリードしてい
  るが、父ファルブラブは阪神マイルでは苦戦傾向。

 12.プレノタート (★★★)
   最後は必ず強烈な差し脚で突っ込んでくるが、あと一歩足り
  ない。
   決め手は上位なので、GⅠの厳しい流れが噛み合えば上位
  進出も可能。
   鞍上のアンカツは過去6年で(4・1・0・1)と、このレースでは
  抜群の相性を誇る。

 13.サウンドブハート (★★★★)
   1・2戦目の連勝内容も、不利な大外枠から外々を回らされ
  たGⅠの内容も、最大級の評価ができる。
   ケガ明けからここ数ヶ月の松岡の不調ぶりとも不安だが、最
  大の不安は桜花賞史上最長間隔のローテーション。
   調教映像からは動きにキレを感じるし、チップを入れ替えた
  ばかりで時計の掛かる美浦坂路で好時計をマークし、関西への
  輸送も阪神JFで経験済みなら勝ち負け。



 14.トーセンベニザクラ (★★★)
   勝負根性があり、混戦に強いタイプ。
   前走は不良馬場で持ち味を発揮できなかったが、重賞勝ちの
  内容からも全力を発揮できれば馬券圏内は十分ありえる。

 15.ヴィルシーナ (★★★★)
   レース・調教での走るフォームがとても綺麗で、好位から鞍
  上の指示通りに抜け出す危なげない内容だが、特に前走はあま
  りにもスムーズすぎた印象で、果たして厳しい流れに揉まれた
  時にも同じ競馬ができるかどうかは疑問。
   個人的には桜花賞よりもオークス向きと睨んでおり、人気に
  なる今回をスルーして次走で勝負。

 16.ファインチョイス (★★★)
   同世代の重賞勝ち第1号の同馬も今では影の薄い存在。
   1600m未経験で1400mでも勝ち星無し。
   スプリント能力は認めても穴を開けるのは今回ではない。

 17.ジョワドヴィーヴル (★★★★)
   鞍上:福永が「ディープの再来」と大絶賛だが、無難な競馬
  を試した前走が案外な内容で1強ムードに黄信号。
   同条件の阪神JFの内容からして粗削りながら非凡さは感じ
  るが、圧勝も凡走も想像出来る危険な人気馬。

 18.アラフネ (★★)
   この馬は知らないし要らない。


●結論

 ◎2エピセアローム
 ○13サウンドオブハート
 ▲9イチオクノホシ
 △17ジョワドヴィーヴル
 △11アイムユアーズ
 △4サンシャイン
 △5パララサルー
 穴12プレノタート


●買い目
 ・3連複フォーメーション
   13-2・9・12-2・4・5・9・11・12・17=15点
   13-2・12-2・4・5・9・11・12・17=11点
 
 ・3連複2頭軸流し
   2・13-9・11・17=3点



【WIN5】
 ・中山10R・・・9、12、3
 ・阪神10R・・・8(10、6)
 ・福島11R・・・7、3(15、1、12、9)
 ・中山11R・・・9、11(14、3)
 ・阪神11R・・・13、2、17

 以上計36点(お金があれば648点)













   
  
   
 
 

Appendix

Profile

duca

鉄の馬(ちなみに、DUCATI zdm900)にまたがってたはずなのに・・・
今は、生きた馬に魅了されてしまった漢(4△才)
競馬歴なんと3年目のハナタレ・・
しかし、馬券を買いだした初年度は回収率100%を超える!!
調子ぶっこいて2年目・・・・・修理どこでなく新車買えた・・・・
今年こそ、100万馬券(夢)もしくは、JRAの帯を収集してやろうと思っているおばかなおやぢ

師匠
競馬歴10年以上のCoolな3◎才
ducaを生馬の虜にさせた張本人
展開を読みながらの予想だけでなく
パドック・返し馬(馬を見る目はバツグン)でのアドバイスで万馬券のプレゼントをしてくれるducaにとっては、万年サンタみたいなお方

O専務
やはり師匠の影響で競馬をはじめたひとり。
競馬歴はやはり10年選手の3○才。血統、データー派かな?
締切直前にボソット言う一言を聞き逃すな!が合言葉
自信なさげに言う推奨馬がすっ飛んでくる~(穴馬)

Extra

プロフィール

duca

Author:duca
鉄の馬(ちなみに、DUCATI zdm900)にまたがってたはずなのに・・・
今は、生きた馬に魅了されてしまった漢(4△才)
競馬歴なんと3年目のハナタレ・・
しかし、馬券を買いだした初年度は回収率100%を超える!!
調子ぶっこいて2年目・・・・・修理どこでなく新車買えた・・・・
今年こそ、100万馬券(夢)もしくは、JRAの帯を収集してやろうと思っているおばかなおやぢ

師匠
競馬歴10年以上のCoolな3◎才
ducaを生馬の虜にさせた張本人
展開を読みながらの予想だけでなく
パドック・返し馬(馬を見る目はバツグン)でのアドバイスで万馬券のプレゼントをしてくれるducaにとっては、万年サンタみたいなお方

O専務
やはり師匠の影響で競馬をはじめたひとり。
競馬歴はやはり10年選手の3○才。血統、データー派かな?
締切直前にボソット言う一言を聞き逃すな!が合言葉
自信なさげに言う推奨馬がすっ飛んでくる~(穴馬)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事

いらっしゃいませ。


:現在の閲覧者数:
コメント残してください。

アフェリエイト

即PATするなら

すぐ口座開設

参加してます。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking 競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村 競馬ブログへ ↑一日一押!!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
  1. サーチエンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。