Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念 前日予想

我が社の給料日は『月末』。
何たるアバウト!!
来週のほうが、より『月末』だけど、26日だって立派な『月末』です。
GⅠの前に給料が入らなかったのは大誤算で、今週はなけなしの金でOLみたいな買い方しか出来ないので、イマイチ予想にも力が入らんとです・・・


【中京11R:GⅠ高松宮記念】

●過去の傾向から
・平坦で小回りの割には差し優勢
・ステップレースは阪急杯組が優勢
・牝馬もけっこう頑張ります
・『中京』『短距離』の字面ほど荒れない
 →過去10年で1番人気か2番人気が必ず馬券に絡む
 →2桁人気は4頭が善戦
・荒れ馬場で行われるため高速決着は意外と少ない
・マイル重賞でも結果を残せる馬が好成績


●近走の内容
・阪急杯
 勝ち馬のエーシンエフダンズは、内枠をロス無く回って流れが向いたようにも見えるが、狭い馬群を割ってきたのは好印象。狭いコースに変わるのも不安は無い。
 負けた馬の中で気になるのは、3着のサンカルロ。
 3歳時は徹底してマイル戦ばかりだったが、マイルCSで古馬の一線級とも互角に渡り合えた。
 距離短縮の阪神Cでも差の無い2着で、続く阪急杯でも差の無い3着と、短距離の適性も示した。
 更に1ハロン短縮がどう出るかわからないけど、期待は十分持てる。
 人気で惨敗したビービーガルダンはここが目標なのでお咎めなし。
 トウショウカレッジも内容は悪くなかった。

・シルクロードS
 そんなに状態が良かったようには見えなかったが、アルティマトゥーレが快勝。
 首尾よく先行して誰も競りかけない楽な流れでの快勝だけに、それほど強い勝ち方には見えなかった。
 気になるのはグランプリエンゼルで、NHKマイル3着→夏の北海道で重賞制覇は並みの馬には出来ない。
 その後の惨敗も、スプリンターズSは不利、シルクロードSが休み明け、オーシャンSは道悪と、敗因は明確。
 その休み明けでのシルクロードSも着順ほど差は無い。

・オーシャンS
 極端な道悪での開催のため、参考程度に。
 勝ったキンシャサは別格で、その前の阪神Cも圧巻の内容だけに、ここでも人気になるのは間違いないけど、1400mと時計のかかる馬場で出遅れながらも快勝したことが、逆に不安点を露呈。
 中京の小回り平坦で出遅れは致命的。
 過去にも、人気を背負って出遅れして差しきれなかったプレシャスカフェ(鞍上:蛯名)がかぶる。
 ちなみに、ここぞという時に蛯名がウィリーのように出遅れることを『蛯名スペシャル』と言うとか言わないとか・・・
 気になるのは一昨年の優勝馬ファイングレイン。
 当時、調教の動きも良く、人気薄でもスランプを脱したかのような善戦。
 鞍上の勝浦が人気薄の馬に騎乗する時は、時にモーゼのように進路が開ける、云わば『神の子』。
 

●調教
 良く見えたのは②アイルラヴァゲイン、④ショウナンカザン、⑥キンシャサノキセキ、⑩ヘッドライナー、⑬サンカルロ、⑯エーシンフォワード、⑰ビービーガルダン。


<結論>
本命候補の4頭はそれぞれに不安要素を持つ。
展開面で有利に映る③アルティマは調教が不満。
近走内容と実績と能力が断然の⑥キンシャサは、前述のとおり出遅れた時のリカバリーが不安。
好相性の阪急杯組から気になった、未知の魅力が溢れる⑬サンカルロと⑯エーシンフォワードは1200mの実績が皆無。

悩んだ末に…


◎⑬サンカルロ
○⑥キンシャサノキセキ
▲③アルティマトゥーレ
△⑯エーシンフォワード
△⑰ビービーガルダン
△⑨ファイングレイン
△④ショウナンカザン
△⑤トウショウカレッジ
穴⑫グランプリエンゼル


☆買い目☆
・3連複フォーメーション
 ⑬-③⑥⑫-③④⑤⑥⑨⑫⑯⑰=18点





【中山11R:GⅢマーチS】
先行馬が多く、過去の傾向からも差し馬、それもまくれる馬が有利。

◎①シビルウォー
○⑯モンテクリスエス
▲⑫マコトスパルビエロ
△⑧負債チピージェイ
△③ナニハトモアレ
△②マイディアさん
穴⑭ネイキッド







スポンサーサイト

日曜重賞予想

【阪神11R:阪神大賞典】
 春の天皇賞の最重要ステップレースとして、一線級の実力馬たちが集まる。
 長距離戦は比較的紛れが少なく、実力勝負になる場合が多いため、適性や実力に自信の無い馬は遠慮するのか、少頭数で行われる事が多い。
 そのため、オッズも落ち着きやすいし、実際に平穏な決着が目立つ。

 ただ今年は、横綱不在の長距離戦線を象徴するように、このレースにしては多頭数。
 メンバーも例年に比べたらかなり手薄で、とてもGⅡとは思えない。

 今年なら波乱も十分に考えられる。



●過去の傾向から
 ・優勝馬には、斤量58kg以上を背負っている実力馬が多いことからも、「調子」や「勢い」より「格」が問われるようで、少なくともGⅡでの好走歴は欲しいところ。

 ・1番人気は、過去20年で(12・5・2・1)。
  →勝率60%、連対率85%、複勝率95%と、これはかなり信頼できる数字。

 ・長距離戦に実績があっても、ハンデや馬場の恩恵で勝ち上がってきた馬が人気を裏切るケースが多い。

 ・昔々からの格言『長距離レースは騎手で買え』のとおり、若手の出番は無い。
 
 ・関西馬が圧倒的。 
 



●各馬の短評
①イコピコ
 レコード勝ちした神戸新聞杯の内容を見る限り、調子さえ戻ればここなら十分主役クラスの決め手を持つ。
 折り合いはつくので距離も問題無い。
 直線勝負の印象が強いが、好位からも競馬ができるから、ユウガくんの手綱捌きに注目。
 個人的には…陣営が今後の事も考えて、ある程度の位置につける作戦のような気がする。
 逃げ馬がいるし、午前中の雨予報で馬場も微妙、休み明けなら言い訳も効く。
 先行しようが、差しに回ろうが、人気でも無視はできない。

②ウィルビーキング
 前走で濃いメンツ相手に勝ってOP入り。
 デムーロが巧かったのもあるかもだけど、どスローなペースで、直線もうまく事が運んでのもの。
 大幅な相手強化で初距離じゃ手が出ない。
 ただし、鞍上の四位はめっちゃ不気味。

③シグナリオ
 コースや距離を問わない融通性が最大の武器の超安定株。
 逆に言えば強烈な決め手は無く、詰めが甘く、取りこぼしが多い。
 ただし、クラスが上がればペースも上がる。
 6枠の2頭が引っ張るペースはよどみの無い流れ。
 下のクラスのぬるいペースでは発揮できなかった決め手が初めて生きる。
 人気も無いので思い切ってここから勝負したいが、気になるのは鞍上の若さ。
 過去20年で若手の騎手が絡んだケースは少なく、好走できるのは上位人気に推されるほどの実力馬に乗る場合のみ。
 期待値満点のヒモまで。

④テンシノゴールド
 前走は上記②③を差しきる寸前でゴール。
 息の長いしぶとい差し脚が武器で、京都から阪神に変わるのは歓迎。
 ただ、確実に差してはくるが善戦まで…のケースが目立つ。
 ③シグナリオのように、上位クラスの厳しい流れでのレースが見てみたいタイプ。
 こちらの鞍上は、遠征慣れした地方ジョッキーなので不安は無い。
 高齢馬の活躍も目立つし、この馬自身、前走で上がり1位を計時しているあたりからも衰えは無い。
 
⑤ニホンピロレガーロ
 常に人気薄で穴馬の印象が強いが、実は2400m以上の長距離戦では底を見せていない。
 叩きつつのタイプなので休み明け2戦目でもまだ早い。
 平坦のほうが活きるタイプなので阪神も割引。
 パドックでよっぽど良くてもヒモまで。

⑥ジャミール
 うまく育てばすごい強そうだけど、まだ能力を発揮できていない…そんなイメージ。
 一線級に揉まれるのは初めてで、人気ほど信頼するのは怖いかも。
 あっさり通用の可能性も感じるので、消去は危険。

⑦ベルウッドローツェ
 長距離重賞での好走でメドが立っている分、②③④より信頼できそうにみえるけど、斤量が軽かったという事実は見逃せない。
 騎手も若く、関東馬というのも減点対象。

⑧コパノジングー
 斤量の大幅増加も、57kgは背負い慣れたもの。
 ただし、若干平坦向きで、ここで善戦できるほどのインパクトに欠ける。

⑨ドリ-ムフライト
 同型の武スルタンとの兼ね合い次第で、このレースの戦局は大きく変わってくる。
 近走を見てもわかるとおり、控えても味が無いので、スルタンの出方に関係なく自分の競馬に徹する。
 ただ、斤量は間違いなく響くだろうし、騎手も若い。

⑩ホクトスルタン
 長距離の格式のある重賞で、武豊がこのタイプに乗るのは反則ですね(-_-;)
 なぜなら、武豊の位置取りやペース配分は、海外から遠征してくる一流ジョッキー達が指針にするほど信頼されているもの。
 相棒のスルタンもようやく不振から脱して、立ち回り次第では勝ち負けできる馬。
 有力陣営はこのコンビの出方が気になるところ。
 ハナに立って後続を翻弄するも良し、ドリームを行かせて離れた2番手からペースを握るも良し。
 人気が戻りきっていないうちが買い。

⑪メイショウベルーガ
 牡馬顔負けの強烈な末脚が最大の武器で、展開も向きそうだけど、相手強化の上に斤量も増加。
 坂のあるコースよりも平坦のほうが活きるタイプで、差の無いとこまで差してはくるが、微妙に斤量が響いて頭までは足りない印象。
 前日オッズでは、データ的には最右翼の1番人気だけど…ヒモまで。
 
⑫ゴールデンメイン
 突然元気になったおじいちゃん。
 10歳を考えると近走の内容は素晴らしいけど、重賞では前走が精一杯かな。
 いつぞやの菊花賞で全国の競馬ファンをあっと言わせた鞍上:太宰が怖い。
 ↑こういう書き方すると余計に怖い。

⑬トウカイトリック
 長距離重賞ではもう常連も、なんで今まで縁が無かったかと思わせるくらい「藤田が合いそう」と思うのは僕だけでしょうか??
 個人的には芹沢時代の同馬が好きだったので、藤田なら問題ないでしょう。
 スルタンの流れを早めに仕掛けてスタミナ勝負…を期待します。

⑭アサクサキングス
 去年の優勝時は調教の動きが抜群で、馬場の恩恵もあった。
 今年は去年ほどの充実感は感じられない。
 58kgは同馬のみだけど、長距離は安定しているし、実績も抜群。
 過去のデータからは無視できない存在も、穴を狙いにいく今年はあえて無視!!



<結論>
◎⑩ホクトスルタン
○⑬トウカイトリック
▲⑥ジャミール
△①イコピコ
△④テンシノゴールド
△⑪メイショウベルーガ
△⑫ゴールデンメイン
穴③シグナリオ


☆買い目☆
・3連複フォーメーション
 ⑩-③⑥⑬-①③④⑥⑪⑫⑬=15点




【中山11R:GⅡスプリングS】

<結論>
ケ~ン!!










 






 







日曜重賞予想

いつまでたってもなかなか調子が上がらず、今月も既に瀕死状態。
ここは思い切って穴から勝負して、外れたら潔く高松宮記念までお休みします。

阪神11Rの桜花賞トライアルは、テイラーバートンの複勝圏は堅いと見ますが、オッズがいまいち期待できないので、中山牝馬に全力投球。


【中山11R:中山牝馬S】

●各馬の分析
①チェレブリタ  
 牝馬限定戦・荒れ馬場は間違いなくプラスに出るし、ハンでも手頃。
 脚質から最内枠は不利に映るし、坂のあるコースも減点。

②ウエスタンビーナス
 マイル以上の距離を使うのがこれがはじめての、「短距離の逃げ馬」。
 中山コースと相性は良く、ブリンカーを外して江田照で「非・逃げ宣言」。
 穴の匂いがぷんっぷんするけど、あくまでヒモまで。

③ニシノブルームーン
 昨夏の牝馬重賞で2着があるように、牝馬同士なら能力上位。
 中山コースも大得意で、調教も良く見えた。
 ただ、ここで勝ち切るほどのパフォーマンスはまだ見たことがない。
 好枠引いて言い訳が効かないここが試金石。

④コロンバスサークル
 安定したレース振りでここまで勝ち上がってきた。
 調教の動きも確かにスケールを感じさせたが、重賞初挑戦で速い流れも未経験。
 前日オッズで1番人気はちょっと売れ過ぎの感。

⑤レインダンス
 ここが引退レース。
 調教では珍しくやる気を見せていて好印象。
 2走前からもここなら差はなく、鞍上・コース替わりは面白いけど、坂のあるコースに実績がない。

⑥サンレイジャスパー
 まだ走ってるんですね><
 8歳・難波・冬に実績なし・・・買いづらいポイントが多すぎる。
 いくら荒れる傾向でも、こいつを買うなら全頭BOX。

⑦レジネッタ
 ここは人気落ちすぎです!!
 最近は冴えないが、前走は流れが向かない中で僅差の競馬。
 調教も良く動いている。
 基本この馬は穴馬だし、ここは十分狙いがたつ。

⑧ジェルミナル
 桜花賞・オークスで先着を許した2頭は、いまや世界を舞台に勝負する名牝に成長。
 休み明けでも調教は一番良く見えた。
 中山にも実績があり、巻き返し濃厚。

⑨マイネレーツェル
 好走or凡走のタイプ。
 若いころは短距離中心で、最近は中距離を使われているが、レース振り・血統のイメージから、この距離が一番合いそう。
 昨年は一度も馬券に絡んでないので買いづらいが、ブリンカーを着けた3走前から徐々に良化してきたように思う。
 調教の動きも良く、穴候補。

⑩ウェディングフジコ
 ここ2走ダートで、それ以前は牝馬限定戦で安定した成績。
 少なくとも④コロンバスサークルよりは人気でもおかしくないはずなのに・・
 勝ち切るまでのパンチはないけど、馬券に絡んでも驚けない。

⑪リビアーモ
 昨年で遅れで5着。
 差し脚は堅実で、条件戦よりクラスが上がった方が良いタイプかも。
 52kgなら直線だけで届く。

⑫ショウナンラノビア
 昨年の戦跡はここでも上位。
 共に人気薄だったとはいえ、相手を考えれば上々。
 先行したい一頭だが、外に同じタイプが並んだことで少々割引。
 岩田だからハナには立たない気がするので、「中途半端な競馬で掲示板」のイメージ。

⑬アルコセニョーラ
 近走、着順ほど差はないが、ちょっと買いづらい戦跡。
 ただし、調教ではこの馬にしては良く動いているし、前が速くなって展開が嵌れば十分圏内。

⑭ブラボーデイジー
 調教は良く見えたが、脚質的に今回は同型が揃って減点。
 鞍上も結婚後は勢いが感じられない。
 勝つ力はあるけど、厚めに買う意欲が湧かない。

⑮ブライティアパルス
 連勝の上がり馬。
 こちらも逃げ馬で、同型の存在が気になるうえに、 早めに先頭に立ちたい先行馬も数いる中で、重賞の流れで粘れるか疑問。

⑯ザレマ
 こちらも引退レース。
 詰めの甘いタイプでトップハンデだと単勝は買いづらい。
 アンカツ騎乗で勝ち鞍はない。
 展開もこの馬には向くと思えないが、牝馬重賞なら大崩れはない。
 切ることはできない。


<結論>
◎⑦レジネッタ
○③ニシノブルームーン
▲⑪リビアーモ
△⑧ジェルミナル
△⑩ウェディングフジコ
△④コロンバスサークル
△⑯ザレマ
△⑭ブラボーデイジー
穴⑨マイネレーツェル


☆買い目☆
・3連複フォーメーション
 ⑦-③⑨⑪-①~⑯総流し=39点

・ワイドBOX
 ⑦⑨⑪=3点


・・・というわけで、なっぜかブログ作成中に予想が変わってしまいました。
当初、本命は⑨マイネレーツェルだったんですが、1年以上馬券に絡んでいない馬を軸にする勇気がありませんでした。
そして代わりに浮上したのが、ここ1年で1回だけ馬券に絡んだレジネッタ。

なんか当たる気がしない(T_T)
 




















土曜重賞予想

先週・・・
不良馬場であまりやる気が無かった中山のほうが的中。
軸馬トーセンクラウン(13番人気!!)が見事に勝ち、2着が▲評価のテイエムアンコール(12番人気!!)で、第二本線での的中は素直にうれしいけど、その歓喜を吹き飛ばすような出来事が二つ。

まず一つ目は、3着のショウワモダン(5番人気)を最後に切り落として、3連複を獲り逃したこと。
もう一つは、トーセンからの馬連オッズで、この組み合わせだけ、僕が当てた馬券だけ激安だったこと(ToT)
13番人気-12番人気の決着のわりに馬連のオッズが安過ぎたので調べてみたら、最終オッズはご覧のとおり・・・

軸馬 ③トーセンクラウン 単勝オッズ 3,640円
馬連③流しの最終オッズ( )内は相手の人気
 ③-①キングストリート(1) :69.1
  -②モエレビクトリー(7) :259.8
  -④セイクリッドバレー(8):190.9
  -⑤テイエムアンコール(12):180.8
  -⑥サニーサンデー(4) :104.2
  -⑦ライブコンサート(11):316.6
  -⑧ダンスインザモア(9):200.2
  -⑨ドリームサンデー(6):234.8
  -⑩ショウワモダン(5) :209.9
  -⑪アブソリュート(3) :93.0
  -⑫マイネシュピール(16):1608.1
  -⑬マイネルグラシュー(15):941.8
  -⑭シャドウゲイト(2) :92.1
  -⑮キングストレイル(14):766.7
  -⑯トウショウウェイヴ(10):317.3
      
これを単勝オッズ順に並べ替えると・・・
 ③-①キングストリート(1) :69.1
  -⑭シャドウゲイト(2) :92.1
  -⑪アブソリュート(3) :93.0
  -⑥サニーサンデー(4) :104.2
  -⑩ショウワモダン(5) :209.9 
  -⑨ドリームサンデー(6):234.8
  -②モエレビクトリー(7) :259.8
  -④セイクリッドバレー(8):190.9
  -⑧ダンスインザモア(9):200.2
  -⑯トウショウウェイヴ(10):317.3
  -⑦ライブコンサート(11):316.6
  -⑤テイエムアンコール(12):180.8
  -⑮キングストレイル(14):766.7
  -⑬マイネルグラシュー(15):941.8
  -⑫マイネシュピール(16):1608.1



どうですか!?
いくら、必ずしも単勝オッズの順番どおりに馬連が売れるわけではなくとも、明らかにオッズがおかしくないですか??
12-13番人気で180倍なのに、12-11番人気の方は3万馬券、ひとつ後ろの12-14番人気なんて7万6千馬券です!!!
何でここだけぽっかりと売れたんでしょうか!?
そしてもう一つの違和感を感じるのが、同じく人気薄ながら差の無い4着に好走したセイクリッドバレー。
ここもテイエムのように人気の順番を全く無視したオッズで目立ちますね。
これは明らかにインチキでしょう(#-_-)ノ

まぁ、普段は買わない馬連で押さえが当たったことは喜んでおきましょう。



気を取り直して。
今週からとうとう春のクラシックのトライアルがスタート。
チューリップも弥生も見逃すわけにはいかないけど、馬券的に面白いのは断然オーシャンS。
例年、ハンデ戦のシルクロードSより荒れる傾向にあり、今年は加えて重馬場での開催。
本番の高松宮記念に向けて、賞金的に微妙な馬も多数出走してきた。
オッズの妙には十分に警戒しながら、頑張って穴馬券獲るぞー!!

【中山11R:オーシャンS】
 実績では頭一つ抜けている③キンシャサが休み明けで58kg、人気を分けそうな上がり馬⑯ショウナンは大外枠で、上位人気は不安要素たっぷり。
 短距離レースに付き物のハナを切るタイプのスピード馬が少ないため、内枠で、重実績のある先行馬・・・
 ということで、本命◎は④アイルラヴァゲイン。
 3歳時はGⅠでも人気するほどの馬だったが、長~いスランプでそれも過去の栄光。
 3走前のスプリンターズSで復活の兆しを見せて、ここ2戦はダートで新味を見せている。
 得意の中山で完全復活!!

 対抗○はしつこく追い続ける⑩シャウトライン。
 ここ2走で本命に推してガッツリ勝負するも、絵に描いたように立て続けの4着(T_T)
 今度こそ・・・だけど重馬場に関しては未知数なので。

 単穴▲は⑯ショウナンカザン。
 近走内容・実績・脚質・賞金的な勝負気配・・・
 どれをとっても本命にふさわしいけど、馬場が悪化しすぎるのは不安。
 大外枠も微妙に響きそうで評価下げ。
 高松宮記念的には、この馬の参加が面白いことになる気がするので、個人的にはきっちり賞金を加算して本番に駒を進めてほしい。

 穴で期待は⑬ランチボックス。
 札幌で強いので、力の要る馬場自体は得意なはず。
 下級条件で詰めの甘さを見せる馬は、昇級後のペースアップで化ける可能性がある。
 

 <結論>
 ◎④アイルラヴァゲイン
 ○⑩シャウトライン
 ▲⑯ショウナンカザン
 △②プレミアムボックス
 △⑪サンクスノート
 △⑥シンボリグラン
 △⑧エーシンエフダンズ
 △③キンシャサノキセキ
 穴⑬ランチボックス

☆買い目☆
 ・3連複フォーメーション
  ④-②⑩⑬-②③⑥⑧⑩⑪⑬⑯=18点

Appendix

Profile

duca

鉄の馬(ちなみに、DUCATI zdm900)にまたがってたはずなのに・・・
今は、生きた馬に魅了されてしまった漢(4△才)
競馬歴なんと3年目のハナタレ・・
しかし、馬券を買いだした初年度は回収率100%を超える!!
調子ぶっこいて2年目・・・・・修理どこでなく新車買えた・・・・
今年こそ、100万馬券(夢)もしくは、JRAの帯を収集してやろうと思っているおばかなおやぢ

師匠
競馬歴10年以上のCoolな3◎才
ducaを生馬の虜にさせた張本人
展開を読みながらの予想だけでなく
パドック・返し馬(馬を見る目はバツグン)でのアドバイスで万馬券のプレゼントをしてくれるducaにとっては、万年サンタみたいなお方

O専務
やはり師匠の影響で競馬をはじめたひとり。
競馬歴はやはり10年選手の3○才。血統、データー派かな?
締切直前にボソット言う一言を聞き逃すな!が合言葉
自信なさげに言う推奨馬がすっ飛んでくる~(穴馬)

Extra

プロフィール

duca

Author:duca
鉄の馬(ちなみに、DUCATI zdm900)にまたがってたはずなのに・・・
今は、生きた馬に魅了されてしまった漢(4△才)
競馬歴なんと3年目のハナタレ・・
しかし、馬券を買いだした初年度は回収率100%を超える!!
調子ぶっこいて2年目・・・・・修理どこでなく新車買えた・・・・
今年こそ、100万馬券(夢)もしくは、JRAの帯を収集してやろうと思っているおばかなおやぢ

師匠
競馬歴10年以上のCoolな3◎才
ducaを生馬の虜にさせた張本人
展開を読みながらの予想だけでなく
パドック・返し馬(馬を見る目はバツグン)でのアドバイスで万馬券のプレゼントをしてくれるducaにとっては、万年サンタみたいなお方

O専務
やはり師匠の影響で競馬をはじめたひとり。
競馬歴はやはり10年選手の3○才。血統、データー派かな?
締切直前にボソット言う一言を聞き逃すな!が合言葉
自信なさげに言う推奨馬がすっ飛んでくる~(穴馬)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事

いらっしゃいませ。


:現在の閲覧者数:
コメント残してください。

アフェリエイト

即PATするなら

すぐ口座開設

参加してます。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking 競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村 競馬ブログへ ↑一日一押!!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
  1. サーチエンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。