Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉賞予想

【東京11R:GⅢ青葉賞】

昨秋の天皇賞に続き、今週の天皇賞も仕事ねせいで誌面予想のみ。
パドックや返し馬を観ると馬券が当たる訳でもないけど、当日の
映像無しに馬券を買うのは少々勇気がいるなぁ・・・

それでも今週の青葉賞には信頼できる軸馬がいる。
な~んも面白味が無いけど、本命◎は②ペルーサ。
走り方やレースぶりから、ダービーでも十分に勝ち負けできると
思っているし、潜在能力では皐月賞馬ヴィクトワールピサよりも
上だと思う。
ちなみにこの馬、皐月で◎にしたヒルノダムールに楽な手ごたえで
快勝してます。
ここで本命に推さない理由は何一つ見当たりません。

単勝オッズが2倍以上つくならドカンと1点!!
といきたいとこだけども、さすがにそれは無さそう(T_T)
2着荒れ狙いで、トリガミ覚悟の3連単勝負!!

ってな訳で、あとは相手探し。
近走のレースVTRから、東京コースに変わってよさそうな馬を
ピックアップ。
4角手前からグイグイ押されながらもなかなか加速できなかった
のに、結局上がり1位で差しきった⑤トゥザグローリーが本線。
血統もクラシック向きだし、若ささえ見せなければ好勝負可能。


無敗馬⑰ハートビート、競り合いなら強い⑩ロード、
重賞で皐月賞馬に僅差の⑨エクセルサスまでは資金を厚めに買う。
素質馬⑧ミッション、近走の上がりがいい⑮スマートと⑦メロディ、
戦ってきた相手が強い⑬レッド、重賞で差の無い⑫ヘレノスまでが
ヒモ候補。





<結論>
◎②ペルーサ
○⑤トゥザグローリー
△⑰ハートビートソング
△⑧ミッションモード
△⑩ロードオブザリング
△⑮スマートフォーカス
△⑬レッドスパークル
△⑨エクセルサス
穴⑫コスモヘレノス


☆買い目☆
・単勝②・・・オッズ2倍つくならね(T_T)

・3連単フォーメーション
 ②→⑤⑨⑩⑫→⑤⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑮⑰=32点
 ②→⑤→⑦⑧⑨⑩⑫⑬⑮⑰=8点



スポンサーサイト

aobashou

日曜重賞予想

【京都11R:アンタレスS】

京都ダートは時計が速い。
京都ダートは逃げ・先行馬が有利。
京都ダートで差せる馬は速い上がりに対応できる馬。
明日の京都ダートは良馬場の見込み。
関西圏のダートで先行馬に乗った小牧は買い。
・・・

最後以外は競馬ファンなら当然の見解。
ちなみに最後は師匠のMy格言。

今回のメンバーで先行馬は・・・
ウォータクティクス、ラッシュストリート、フサイチセブン、
フサイチピージェイあたり。
更に「芝の逃げ馬」ドリームサンデーがダートに初参戦。
芝馬の初ダート参戦は、砂を被りたくないから、もしくは芝でも
通用するスピードで必然的に先行することが多い。
去年の勢いがウソのような凡走を地方ジョッキーで巻き返したい
ウォータクティクス、小回りの地方でなら重賞でも通用している
ラッシュストリートを含め、この3頭は間違いなく先行策。
せいぜい3頭が競るくらいなら、多少のハイペースでも
”行った行った”は考えられる。

問題は2頭のフサイチ。
同じ冠名の2頭が前で競るのは考えつらいが、この2頭は馬主も
調教師も全く別の畑。
人気が予想されるセブンの方はダート連対率100%のまま
OPまで勝ち上がってきた、云わば次代のホープ。
前走で距離と馬場を克服して、ただのスピード馬ではないことを
圧勝で証明。
ここは今後のことも考えて、ハナまでは行かないとみる。
気になるのはこの馬が1800mが初めての経験なこと。
もう一つMy格言を出すと・・・
「1700mで強い馬は1800mでは意外と弱い」

前走で僕の期待を「出遅れ」という最悪な形で裏切ってくれた
ピージェイ。
OP昇格後は落鉄・出遅れと敗因ははっきり。
こちらは砂を被るともろいタイプで、ハナを狙うのは確実。
他に逃げたい馬がいても大外なら並んでも大丈夫。
ダートの速いペースを先行させて残すのは小牧の真骨頂。
調教の動きも良いので迷わず本命!!


・・・の前に、差し馬も一考。
人気が予想されるトランセンドは、同じ世代戦では先行して上がり
1位で抜け出す完璧な内容も、昨夏の古馬との対戦ではイマイチ。
ただ、休み明けでOP戦をレコードで勝ち上がったのは立派。
こちらも次代を担う強い世代のトップクラスで、斤量も据え置き。
斬る材料は特に見当たらない。

シルクメビウスは、3歳の去年でJCダート2着。
強い世代では一番強そうな気がしていたので、ここでも
上記トラン君の逆転候補に考えていたけど調教が冴えない。
陣営いわく「調教では舌を縛らないから」らしいが、とりあえず
パドックまで保留。

見渡すと重賞では一長一短のクセ馬がいる中で、一番気になる
のはダイショウジェット。
人気が全く無い時に強い差し脚を見せるが、負ける時はビックリ
するくらいの淡白野郎。
前のペースが厳しくなるほど岩田への乗り代わりが効いてきそう。



<結論>
◎⑫トランセンド
○⑯フサイチピージェイ
▲⑮ダイショウジェット
△③ナニハトモアレ
△⑦クリールパッション
△⑬フサイチセブン
△④ドリームサンデー
穴⑨ラッシュストリート

補欠:⑤シルクメビウス
 

☆買い目☆
・3連複フォーメーション
 ⑫-⑨⑮⑯-③④⑦⑨⑬⑮⑯(⑤)=15(18)点

・馬単流し
 ⑫→③⑦⑨⑮⑯(⑤)=5(6)点




【東京11R:フローラS】

3歳牝馬。
トライアル。

この2点だけで予想するのは十分に難しい。
過去の歴史を見ても、前走で大敗してても巻き返せる不安定さ。
まともに考えても仕方がないので、ここは直感で狙い撃ち!!

本命はアマファソン。
追えば追うほど伸びてきた前走の内容が秀逸。
抜群の動きを見せた調教の動き。
他にこの馬以上にインパクトを感じない。

上記のとおり、当レースはデータ的には大敗馬でも平気で巻き返す
ような荒れ荒れモードなら相手は絞るべからず。
馬複の総流しで勝負!!


☆買い目☆
・⑬-ぜ~んぶ=15点

皐月賞予想

【中山11R:GI皐月賞】

毎年クラシックの本番前には、期待馬の残念なリタイアが珍しくない
が、今年はクラシックに直結するといわれる主要レースの上位馬が
ほぼ揃った。
「皐月を重視しない派」のペルーサ・ダノンシャンティの回避が無け
ればベストメンバーだったのに・・・

ここで思い出すのは2002年の皐月賞。
競馬歴7年目を迎えた若かりし僕。
O専務を競馬の世界に引きずり込んだのもこの頃かな?

この当時、メインだけでなく平場のレースも見るようになり、
その流れで新馬戦も見るようになり、必然的にクラシックの本当の
面白さに気付き始めた。
この年も有力馬が順調に揃い、自分が考えられる有力馬がここまで
揃ったGIを見た経験が無かったのを覚えている。
2歳王者アドマイヤドン、弥生賞勝ちのバランスオブゲーム、
スプリングS勝ちのタニノギムレット、京成杯勝ちのローマンエンパ
イア、重賞連勝中のチアズシュタルク、無敗の良血モノポライザー
などなど・・・
他にも書ききれないくらいの密度の濃いメンバー。
1週前のギャロップに掲載されていた皐月賞最終登録の馬柱を見て
ワクワクしすぎ、当週の桜花賞のページは殆ど読まなかったくらい。

熟考を重ねて導き出したチアズシュタルクからの馬券を握り締め、
彼女に頼まれたタニノギムレットの単勝馬券を財布に入れて、
各馬のゲートインをウィンズ後楽園のモニター前で待つ。
現実的でギャンブル全般に否定的だった当時の彼女は、前哨戦の
スプリングSでありえない位置からものすごい豪脚で差しきった
タニノギムレットに感動し、珍しくわざわざ自分から頼んできた。

いろんな意味でドキドキしながら皐月賞はスタート!!


正直、レース中の記憶は無い(*_*)


アナウンサーの叫び声で意識が戻りだす。


どうやら勝ったのは知らない馬。
ぽか~んと第一声が「あれ・・・?」
この時点では、違うレースの映像を観た気でいた。
人はそれを「現実逃避」と呼ぶ。

しばらくして我に返り、新聞で馬名と騎手を確認。
たぶんノーリーズン(15番人気)。
「なにこの馬?」
騎手の欄にはドイルって書いてある。
「ドイルって誰!?」
新馬・500万連勝後に、トライアルの若葉Sで7着に負けた馬。
「何で!?」

パニック覚めやらぬままに着順は確定。
2着に8番人気タイガーカフェ。
3着に1番人気のタニノギムレットが何とか割り込むものの、
その他の上位人気は軒並み伸びあぐね、4・5着には二桁人気。


競馬歴7年目にして「競馬に絶対は無い」を痛烈に思い知らされた。

そしてその後・・・
1番人気の単勝をたった100円外しただけで世の中の全てを悟った
らしい彼女に、大切な趣味だけでなく人格まで否定されたのだった。

おしまいm(_ _)m

注:この物語は実話を基にした実話です




・・・というわけで、まずは前フリめっちゃ長くてすみません。

当時の僕にはこのレースの意味が全くわからなかったけども、
今なら少しはわかります。
まず、タニノギムレットが勝ったスプリングS以外の前哨戦が全て
スローペースからの瞬発力勝負だったこと。
このレースで上位に来た馬たちが、そういった性格の前哨戦で
持ち味を発揮できなくて人気を落としていたこと。
もちろん、勝ち馬ノーリーズンが前走の不利があっての人気落ち
ように、調整失敗や能力・適性の差もあったと思います。

そして、今年の1番人気ヴィクトワールピサも同じパターン。
4連勝は確かに強い勝ち方でも、それは全てスローペースでのもの。
持ちタイムも無く、上がり最高も新馬戦の34.2。
数字上からは、スローからの瞬発力勝負でも、上がりがかかる
厳しい流れでも、結局は決め手を欠く中途半端な存在。
加えて鞍上はチキン=岩田。
GⅠで1番人気での不可解な負け方には定評があるとか無いとか…
今回も、”テン乗り”・”1番人気の代打”・”勝てば連覇”など
余計な重圧を与えるには十分なキーワードがずらり。
以上を総合して、過去に1番人気で優勝した馬に並ぶほどの
インパクトには欠ける。


そこで、本命はスロー・ハイ両方を経験し、それぞれにしっかり
対応してきた⑯ヒルノダムール。
調教の動きもよく、混戦の中でこの経験値と安定感は大きな武器。

対抗は皐月に強い先行馬から、勝負根性が光る②ハンソデバンド。
この馬も調教の動きも含めて文句のつける要素が見当たらないが、
気になるのは鞍上:蛯名。
キャラ的に・・・というか個人的にGⅠ2週連続制覇が見えない。

単穴はダービーまで追いかけるつもりの⑭レーヴドリアン。
4戦全てで上がり1位を計上しているように、末脚は一級品。
陣営の声や跳びの大きさからも東京向きなきもするので3番手評価。

以下、安定感抜群⑫エイシンアポロン、意外性で⑥ゲシュタルトと
⑰ガルボ、’02年のタイガーカフェがかぶる⑮ダイワファルコン、
調教抜群①リルダヴァルまで。

パンチ不足の④ネオ、距離不安の⑤ローズ、不器用な⑦レッド、
休み明けの⑪Eフラッシュ、仕方なく⑬ヴィクト、若さがアダの
⑱アリゼオは、よっぽどパドックで目立てばヒモに加える予定。


<結論>
◎⑯ヒルノダムール
○②ハンソデバンド
▲⑭レーヴドリアン
△⑫エイシンアポロン
△⑮ダイワファルコン
△⑥ゲシュタルト
△①リルダヴァル
穴⑰ガルボ


☆買い目☆
・3連複フォーメーション
 ⑯-②⑭⑰-①②⑥⑫⑭⑮⑰=15点

・3連単フォーメーション
 ⑯→②⑫⑭⑰→①②⑥⑫⑭⑮⑰(④⑤⑦⑪⑬⑱から最大3頭まで)
    =24点(最大36点)




桜花賞好調教馬

気になった馬は・・・

7タガノエリザベート
6ワイルドラズベリー
17シンメイフジ
1ショウリュウムーン

アパパネ・モトヒメ・アニメイト・オウケン


社長もセンムも予想してるのに、まだ固まらない・・・


おまけ

阪神8
モーニングフェイス

福島9
エイシンサクセス

福島11
トリプルスレッド

ブランケット&毛布

ちょいと競馬以外の話

ゴートアイランドのホームページ

実はここのホームページの画像一部ですが、おいらが撮影しましたよ。

これから夏に向かって・・・・毛布・・・って

いやいやブランケット、冷房のきいたオフィスのひざかけにgood!!

ぜひぜひご利用を!

桜花賞の予想

【阪神11R:GI桜花賞】

●過去の傾向
3年前から外回りコースに変わったため、データは鵜呑みにできないけど、一応参考までに。
・1番人気(3322)
→圏外の2頭は4戦無敗で挑んだサイコーキララと、その世代の2歳女王トールポピーで、それぞれに正当な評価を得た上で、それぞれに理由があっての敗戦。
『若い牝馬だからあてに出来ない』と、人気を嫌って穴を狙いがちになるけど、複勝率80%となれば軽視は禁物。
・逃げ馬は全滅
→2~3番手組はよく絡んでいるが、コース変更後はやや差し傾向。
・関西馬有利
→まだ若く、デリケートな牝馬の長距離輸送は不利だけど、最近は『栗東留学』もるので、うまく調整できれば関東馬の巻き返しもあるかも。
→ちなみに関東ジョッキーは四半世紀未勝利
・トライアルの信頼度は、
チューリップ賞>阪神FL>アネモネSの順。
→チューリップ賞が圧倒的だけど、今年は重馬場での決着。本番が良馬場ならこの結果は無視。
→アネモネ組は大苦戦。
・体重が減り続けている馬は軽視
・外回りに変わったことで、仕上がりの早いスピードタイプよりも中距離適性を重視。


●近走の内容
トライアルで一番重要なチューリップ賞が重馬場での決着だったことから、今年はチューリップ賞で上位に来た馬よりも、人気で敗戦した馬や、他路線組を重視したい。

☆チューリップ賞
 1着:ショウリュウムーン
    アパパネを差しきったのは評価できるけど、未勝利脱出まで
    3戦もかかった馬。
    馬場が向いた感もあり、これ以上のパフォーマンスは疑問。

 2着:アパパネ
    あの馬場でもきっちり連は確保しており、前哨戦としては
    上々の内容。
    2・3走前の内容から、この敗戦がマイナスにはならない。

 3着:エーシンリターンズ
    勝っても勝っても人気にならない生粋の穴馬。
    出世レースのエルフィンSを勝ち、レースセンスもある。
    ここでも人気にならないならヒモに加えて損は無い馬。

 4着:オウケンサクラ
    陣営的には「まさかの敗戦」で、意地でフラワーCに挑戦。
    この時期の牝馬にしてはローテーションがきつく、一瞬の
    脚は若干京都向きの感もある。

 7着:ワイルドラズベリー
    いかにも「馬場のせいで敗戦」で人気を落とす美味しい
    パターン。
    念願の内めの枠を引いて反撃体制。

☆阪神FL
 1着:サウンドバリヤー
    脚質転換に成功して、前走も破壊力のある差し脚。
    混戦向きで、ある程度流れれば確実に差してきそう。

 2着:ラナンキュラス
    JF4着で、休み明けのトライアルできっちり確保は立派。  
    血統もバリバリのクラシック向きな反面、まだ良血馬なら
    ではのひ弱さを感じる。
    実力より人気になるタイプで、手は出しづらい。

 3着:レディアルバローザ
    クラス問わず安定感はあるが、反面パンチ力が無い。
    ただ、この3着も直線で包まれて我慢した上で差して来た
    あたりに勝負根性を感じる。
    馬混みに入っても平気なのは強み。

 6着:モトヒメ
    休み明けにしては善戦したが、これまでの勝ち鞍がローカル
    の1000mと1200m。
    中距離志向しふとしたレースの性格を考えると軽視。

 10着:ステラリード
    着順ほど差は無いが、特に見せ場も無く平凡な内容。
    藤田への乗り代わりが不気味も、馬券に絡むほどの
    インパクトは無い。

☆アネモネS
 1着:ギンザボナンザ
    直線は内の狭いところを、満を持して追い出し、
    一瞬で抜け出してアニメイトに競り勝つ。
    調教での反応の良さからも、中山から阪神へのコース
    変わりが良いとは思えない。

 2着:アニメイトバイオ
    戦跡・ローテーションが9年前のダイワルージュに激似。
    メンバー屈指の安定感から大崩れはなさそうだけど、
    イマイチ面白みは無い。
    単は買いづらいタイプだが、連複のヒモには欠かせない。

☆フラワーC
 1着:オウケンサクラ
    勝ち方は危なげなく、通常ならここでも中心視できる素材も、
    やはりローテーションが不安。
    桜花賞に出したい一心での東上は確実に消耗したはず。
    あくまでパドックで決めたいけど、鞍上含めて人気になるよう
    なら切りたい一頭。

 2着:コスモネモシン
    阪神のような力勝負のコースよりも、器用さを活かせるコース
    が向く印象。
    鞍上のキャリアも気になるけど、人気やイメージよりは強そう。
    当落線上に最も近い一頭。

 5着:シンメイフジ
    追い込み一辺倒だった馬がまさかの逃げ戦法。
    敗れはしたものの、休み明けで慣れない先行策を考えると
    立派な内容。
    桜花賞への出走は賞金的にも確実だったので、このレースは
    あくまでもトレーニング。
    今回はブリンカーを外してくるので、中団からやや後ろから
    外めを追走して、いつもの決め手を生かせば上位争いは必至。

☆クイーンC
 1着:アプリコットフィズ
    脚質・距離適性・持ちタイム、どれをとっても一番の安定株。
    能力は間違いなく一級品で、阪神コースも問題無さそう。
    不安要素は、初の関西遠征と、この時期のテン乗り。

 2着:プリンセスメモリー
    小さい身体のわりに勝負根性は感じられるけど、やっぱり
    400kgに満たない身体の小ささは、この頭数では不利。
    外枠からスムーズに回って、2戦連続で上がり1位の
    決め手を繰り出せば掲示板くらいはあるかも。

☆すみれS
 5着:タガノエリザベート
    前走は牡馬に混じっての敗戦で、むしろ善戦。
    JFでは人気で凡走したが、いくら決め手が会っても、
    あの流れで最後方からでは間に合わない。
    それぞれに敗因はあり、決めても一級品だが、阪神コースで
    3戦して1度も馬券に絡めていないのは気がかり。

☆ファルコンS
 9着:ジュエルオブナイル
    戦跡からは明らかに短距離志向で、その短距離路線でも
    苦戦中。ここでは荷が重い。


●調教
 一番良く見えたのは⑰シンメイフジ。
 次いで、⑬アニメイトバイオ、⑦タガノエリザベート、②ギンザボナンザ、
 ⑥ワイルドラズベリー、⑮サウンドバリヤー。


<結論>
◎⑰シンメイフジ
○⑥ワイルドラズベリー
▲③アプリコットフィズ
△⑦タガノエリザベート
△⑬アニメイトバイオ
△⑮サウンドバリヤー
△⑨アパパネ
穴⑪エーシンリターンズ


☆買い目☆
・3連複フォーメーション
 ⑰-③⑥⑪-③⑥⑦⑨⑪⑬⑮=15点

・3連単フォーメーション
 ⑰→③⑥⑦⑪⑮→③⑥⑦⑨⑪⑬⑮=30点






桜花賞調教映像

桜花賞調教映像です。
JRAのホームページです。

桜花賞調教映像

↓お役に立てたならポチットな
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキング

Appendix

Profile

duca

鉄の馬(ちなみに、DUCATI zdm900)にまたがってたはずなのに・・・
今は、生きた馬に魅了されてしまった漢(4△才)
競馬歴なんと3年目のハナタレ・・
しかし、馬券を買いだした初年度は回収率100%を超える!!
調子ぶっこいて2年目・・・・・修理どこでなく新車買えた・・・・
今年こそ、100万馬券(夢)もしくは、JRAの帯を収集してやろうと思っているおばかなおやぢ

師匠
競馬歴10年以上のCoolな3◎才
ducaを生馬の虜にさせた張本人
展開を読みながらの予想だけでなく
パドック・返し馬(馬を見る目はバツグン)でのアドバイスで万馬券のプレゼントをしてくれるducaにとっては、万年サンタみたいなお方

O専務
やはり師匠の影響で競馬をはじめたひとり。
競馬歴はやはり10年選手の3○才。血統、データー派かな?
締切直前にボソット言う一言を聞き逃すな!が合言葉
自信なさげに言う推奨馬がすっ飛んでくる~(穴馬)

Extra

プロフィール

duca

Author:duca
鉄の馬(ちなみに、DUCATI zdm900)にまたがってたはずなのに・・・
今は、生きた馬に魅了されてしまった漢(4△才)
競馬歴なんと3年目のハナタレ・・
しかし、馬券を買いだした初年度は回収率100%を超える!!
調子ぶっこいて2年目・・・・・修理どこでなく新車買えた・・・・
今年こそ、100万馬券(夢)もしくは、JRAの帯を収集してやろうと思っているおばかなおやぢ

師匠
競馬歴10年以上のCoolな3◎才
ducaを生馬の虜にさせた張本人
展開を読みながらの予想だけでなく
パドック・返し馬(馬を見る目はバツグン)でのアドバイスで万馬券のプレゼントをしてくれるducaにとっては、万年サンタみたいなお方

O専務
やはり師匠の影響で競馬をはじめたひとり。
競馬歴はやはり10年選手の3○才。血統、データー派かな?
締切直前にボソット言う一言を聞き逃すな!が合言葉
自信なさげに言う推奨馬がすっ飛んでくる~(穴馬)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事

いらっしゃいませ。


:現在の閲覧者数:
コメント残してください。

アフェリエイト

即PATするなら

すぐ口座開設

参加してます。

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking 競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

にほんブログ村 競馬ブログへ ↑一日一押!!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加
  1. サーチエンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。